多言語版おくすり手帳普及プロジェクト

多言語版おくすり手帳普及プロジェクトについて

LOGOおくすり手帳

1990年代、「市民対行政、消費者対企業」という対立型の社会が続きました。その後市民と行政との連携が進み、2000年以降には、多様化する社会のニーズから社会貢献(CSR)を理念とした企業が多くなりました。現在、豊かな社会づくりをめざすためにNPO・企業・行政・大学・民間等分野を超えた協働や協力の関係づくりが求められています。共生のまちづくりネットワークよこはまでも団体設立当初より、様々な業種とのネットワークや協働事業を実施することを目指してきました。

株式会社大川印刷では、すでに「高齢者向けの横浜発オリジナルおくすり手帳」の開発に取り組んでいました。この会社の学生インターンから多言語版おくすり手帳の発案があり、共生のまちづくりネットワークよこはまのよこはま国際フォーラム「横浜が目指す外国人が住みやすいまちは、どのように実現するのか」に提案者として参加していただきました。
これをきっかけに、2015年12月より共生のまちづくりネットワークよこはまとの協働事業として新たに「多言語版おくすり手帳普及プロジェクト」を開始しました。            

さらに、協働パートナーとしてジャパンハウジング株式会社が加わり、株式会社大川印刷、共生のまちづくりネットワークよこはまの三者は、お互いの「強み」を活かし「win-win」の信頼関係を築きながら、外国人市民が安心して医療を受けれる仕組みをつくるために、医療及び防災に視点を置いた「多言語版おくすり手帳」を作成し、その普及を進めます。

234×60_b(rogoh28pix)japanhousing共生のまちづくりネットワークよこはま ウサギ

第1弾「わたしのおくすり手帳」2017年6月発行                       言語:やさしい日本語 英語 中国語 韓国語                      発行部数:5000部

多言語版おくすり手帳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2弾「わたしのおくすり手帳」 準備中です                        言語:やさしい日本語 スペイン語 フィリピン語 ベトナム語